司法試験予備試験の合格を目指す!

法律系資格の最高峰である司法試験。この司法試験を受験するには法科大学院(ロースクール)を終了する必要があります。

しかしながら既修コースで2年、未修コースで3年と、学部卒業に加え更に学習をしないといけません。この間の生活費や就職した場合との比較、そして法科大学院で必要となる学費等を考慮すれば、司法試験予備試験ルートで司法試験に挑戦するのがお勧めです。法科大学院コースに比べ、数年早く放送として活躍できるのも魅力です。

その司法試験予備試験の合格ですが、法令7科目に加え、一般教養も出題されるという、かなりハードな試験です。旧司法試験と同様に、「短答式試験」「論文試験」「口述試験」と3つのステージをクリアする必要があるのも特徴です。

そんな司法試験予備試験ですが、合格まで数年掛かるケースもありますが、試験対策スクールを利用することで、比較的短い時間で合格する受験生の方もいらっしゃいます。

そこでこの「予備試験対策」では、司法試験予備試験の合格に役立つスクールや講座の比較を紹介します。これから予備試験の挑戦を考えている方はもちろん、リベンジを目指す受験生の方にも参考になるようにしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。